HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
名盤ライブ「SOMEDAY」
佐野元春 and His Special Band

佐野元春が1982年にリリースしたアルバム『SOMEDAY』の全曲再現ライヴを2013年11月16日(東京)と24日(大阪)に行った。これはエムオン!主催の「名盤ライブ」という企画で、東京公演を収録した番組が2014年1月にエムオン!で放送されることになっている。また来場者にはアルバム『SOMEDAY』のスタッフや関係者による証言や対談などを収めた「THE BOOK」と、製作にまつわるドキュメンタリー(特典アルバム未収録のインストゥルメンタルが付いている)といった内容の「THE DVD」がセットでプレゼントされた。

この名盤ライブ「SOMEDAY」はすべての楽曲をオリジナルのアレンジで演奏するためにサポート・ミュージシャンはザ・ハートランドとザ・ホーボーキングバンドから選ばれた。特筆すべきはサキソフォンのダディ柴田だろう。佐野元春との共演は1996年以来17年ぶりになる。さらにスペシャル・ゲストとして伊藤銀次も今回のライヴに加わった。バッキング・ヴォーカルは堂島孝平と佐々木久美の男女混声で、佐野元春を含めた12人編成の大所帯バンドが編成された。

佐野元春は31年前当時を髣髴させる黒縁めがねで現れた。髪は白く、声はしわがれていて、往年のようにステージを駆け回ることはもうなく、ハンドマイクのみのパフォーマンスに終始した。だがオーディエンスは熱狂的にバンドを迎え入れた。男も女も関係なくみんな歌った。誰もがひとつになっていたように思う。

現在と過去が交差するようなそんな思いがあった。どの曲も何かしらの感慨があった。ただ感傷というものがあまりなかったことに自分でも驚いている。きっと僕は現実の中でアルバム『SOMEDAY』がフックする瞬間を確かめたかったのかもしれない。あるいはどこかの時点でそうしようという意思が芽生えたのだろう。たとえばそれは西本明が奏でるラウンジ風のピアノを引き裂くようにギターがかき鳴らされてはじまった「Vanity Factory」であったのかもしれない。Vanity, Vanity!」と僕は声のかぎりに叫んでコミットしていた。

今回の再現ライヴで僕を打ったのはまさしく「Vanity Factory」から「Rock 'n' Roll Night」、「サンチャイルドは僕の友達」に至るながれであった。アルバム製作当時に佐野元春が思い描いたものが再現されたのではないかと思った。「Rock 'n' Roll Night」の"今夜こそたどりつきたい"というラインはこの夜も僕を激しく揺さぶった。「サンチャイルドは僕の友達」では自分の中で長年、澱のようにたまっていたものが浄化される感じがした。佐野元春の無垢な思いが伝わった。

アルバム『SOMEDAY』は僕が初めて買った佐野元春のアルバムだ。1982年5月21日、その日からこれまでに
様々な出来事があって、再びこうして巡り合えたことの奇跡に感謝したいと思った。余談だがステージでは最初落ち着かなかったのか、何か喋るのに辺りをうろうろしていた佐野元春。アンコール最後の曲「彼女はデリケート」のエンディングではスライディングをしてオーディエンスを沸かせた。コーラスの佐々木久美の目の前だったので彼女は目を丸くして驚いていた。たぶん今までそんなパフォーマンスをする人なんて見たことなかったんじゃないだろうか。そして曲の最後で佐野元春は3回どころか何度も何度もジャンプをした。Dr.kyOnがうれしそうにそれを見つめていた。何もかも終わった後、佐野元春の目は澄んでいた。本当に無垢な人だ。



■名盤ライブ「SOMEDAY」
2013年11月24日(日) 2nd Stage
堂島リバーフォーラム
1階 スタンディング A239番

佐野元春 & His Special Band
佐野元春(Vocal)
古田たかし(Drums)
Dr.kyOn(Keyboards)
佐橋佳幸(Guitars)
井上富雄(Bass)
西本明(Keyboards)
スパム(Percussion)
ダディ柴田(Saxphone)
堂島孝平(Chorus)
佐々木久美(Chorus)
伊藤銀次(Vocal, Guitar)

Setlist
01 Sugartime
02 Happy Man
03 Down Town Boy
04 二人のバースディ
05 麗しのドンナ・アンナ
06 Someday
07 I'm In Blue
08 真夜中に清めて
09 Vanity Factory
10 Rock 'n' Roll Night
11 サンチャイルドは僕の友達
Encore

12 Bye Bye C-Boy
13 マンハッタン・ブリッヂにたたずんで
14 彼女はデリケート

|home|