佐野元春

original albums and more

video/dvd

rarities

live

kp

column

the 20th anniversary year

 

No Damage DELUXE EDITION(2013)

●DISC ONE(CD)
No Damage
14のありふれたチャイム達

01 スターダスト・キッズ
02 ガラスのジェネレーション
03 SOMEDAY
04 モリスンは朝、空港で
05 It's Alright
06 Happy Man
07 グッドバイからはじめよう
08 アンジェリーナ
09 So Young
10 Sugartime
11 彼女はデリケート
12 こんな素敵な日には
  (On The Special Day)
13 情けない週末
14 Bye Bye Handy Love

●DISC TWO(CD)
ROCK & ROLL NIGHT
LIVE AT SUNPLAZA 1983
01 彼女はデリケート
02 Back To The Street
03 It's Alright
04 スターダスト・キッズ
05 SOMEDAY
06 Do What You Like
07 ガラスのジェネレーション
08 So Young
09 Heart Beat
10 Rock & Roll Night
11 悲しき Radio
12 アンジェリーナ
13 Night Life
14 グッドバイからはじめよう

●DVD
Film No Damage
悲しき Radio
ガラスのジェネレーション
グッドバイからはじめよう
Heart Beat

スターダスト・キッズ
So Young
君をさがしている(朝が来るまで)
彼女はデリケート

Happy Man Medley
Rock & Roll Night

No Damage DELUXE EDITION
MHCL 30187-9
オリジナル・リリース 2013.12.25
オリコン・チャート最高位14位

1983年にリリースされた『No Damage』の30周年を記念した完全生産限定のデラックス盤。新たにデジタル・リマスタリングを施し、Blu-spec CD2規格の仕様で音質が向上したオリジナル盤『No Damage』をDISC ONEに収録。DISC TWOには
2011年に発掘された同名のドキュメンタリー映画『No Damage』のマスターテープから「Rock'n'Roll Night Tour」のファイナル公演のライヴ音源を収録している。フィルムで撮影された同映画をアナログからデジタルに変換し、デジタル・リマスタリングして劇場公開された『Film No Damage』のDVDがDISC THREEに収められている。3枚のディスクのほかにデビューからの3年間の活動を再検証した資料的価値のある96ページのブックレットが付いている

『No Damage』は佐野元春が1980年のデビューから3年間に発表したシングルと、『Back To The Street』、『Heart Beat』、『SOMEDAY』の3枚から選曲されたベスト・アルバムで、オリジナル・アルバムに準ずる作品として位置づけられている。多感な頃に聴いていたというビートルズ、ディラン、フィル・スペクターといった'60年代、'70年代のポップ・ロックへのリスペクトを込めて、生まれ育った東京、街をテーマにしたソングライティングは、そこに暮らす十代の感情に根ざしただのラヴ・ソングに留まることなく、大人への反抗心が盛り込まれたフレーズが散りばめられている。当事の最新シングル「グッドバイからはじめよう」のカップリング「モリスンは朝、空港で」はニューヨークへ旅立つ心境が綴られている。サウンド・デザインは'60年代のビーチボーイズに影響を受けて製作したと後に言及している(Motoharu Radio Show 2011年12月6日放送)。

No Damageというタイトルには"いまにもダメージを受けそうな状態にあるのに、なんとか頑張って崖っぷちに立ち尽くしている、とでもいったような感じ"に希望を込めてつけたそうだ。アルバムの副タイトルは"14のありふれたチャイム達"。それはありふれた日常の中に響くメッセージだと佐野元春は言う。このアルバムの"14のありふれたチャイム達"がハッピーに響けばいいのだけれど、と。

ライヴ盤『ROCK & ROLL NIGHT LIVE AT SUNPLAZA 1983』は公式に発表されたライヴ音源の中では最も古い。1983年3月18日に中野サンプラザで行われたライヴで、記録映画を残そうとしてフィルムで撮影していたためにライヴ・レコーディングされていた。佐野元春をサポートするザ・ハートランドのメンバーはギタリスト兼バンド・マスターに伊藤銀次、ベースは小野田清文、ドラムスは古田たかし、ピアノは阿部吉剛、キーボードは西本明、サキソフォンにダディ柴田というラインナップ。録音は吉野金次によって行われ、エンジニアの坂元達也により新たなミックスが施されている。

『Film No Damage』には収められなかった 「Back To The Street」や「SOMEDAY」のライヴ・アレンジに驚かされる。映画では動く佐野元春に目が行き、演奏にまで気が回らなかったが、ここで聴けるハートランドのパフォーマンスは、バンドとしての最初のピークを迎えた素晴らしい演奏だと思う。佐野元春のヴォーカルは瑞々しく、ハートランドはR&Bのマナーに沿った演奏をしている。アルバムの中でハイライトは「Heart Beat」だろう。佐野元春の狂おしいハーモニカのソロは今もなお哀切に響いている。最後に佐野元春はニューヨークへ旅立つことをオーディエンスに伝える場面が収録されている。「グッドバイからはじめよう」では誰もが十代の少年少女に戻って胸を熱くすることだろう。


『Film No Damage』
についてはこちらを参照のこと。

No Damage DELUXE EDITION』を購入する。
iTunes Storeで『ROCK & ROLL NIGHT LIVE AT THE SUNPLAZA 1983』を購入する。

  
|home|