live

kp

songwriters

book

podcasting

column

the 20th anniversary year

     

 HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
佐野元春 and The Hobo King Band
Billboard Live 'Smoke & Blue 2014'

2014年4月19日(土) ビルボードライブ大阪

2012年に続いてビルボードライブで行われた3ヵ月連続公演「Billboard Live 'Smoke & Blue 2014'」の大阪公演を4月19日に聴きに行った。前回のビルボードライブ公演は佐野元春のシンガー・ソングライターとしての面をクローズアップするというテーマがあり、古い楽曲を掘り起こして今の時代に通用するかどうかという試みがなされていた。 「アンジェリーナ」や「Someday」といった通常のライヴでは定番となってる楽曲は演奏されることはなくて、今も古さを感じさせずに時代の空気を震わせる響きを持った楽曲が選曲されていた。

今年は佐野元春がデイジーミュージックというレーベルを立ち上げて10周年。今回のビルボードライブ定例ライヴはレーベル設立10周年を主題にしたライヴだといえるかもしれない。セットリストの中心になったのはこの10年のあいだに発表された楽曲だった。アルバム『THE SUN』から「希望」、「月夜を往け」、「レイナ」。コヨーテバンドとのアルバム『COYOTE』からは「君が気高い孤独なら」、最新作『ZOOEY』からはこれまでのライヴでは一度も演奏されてない「食事とベッド」


佐野元春の音楽の特徴は言葉の持つリズム感が独特のグルーヴを生んでるところだと思う。そうした意味ではすべての楽曲がスポークンワーズを体現した音楽といえるのかもしれない。先ほどライヴの定番曲は演奏されないと書いたが唯一代表曲で演奏された「約束の橋」。佐野元春のリズム・ギターがバンドを引率しリズム・セクションが有機的に機能する。古田たかしの忍び寄る抑制されたドラミングが静かに曲を盛り上げ、音楽の体温がじりじりと上がってゆく。
大きなホールではなく、小さなクラブで見ないとこの演奏の熱さというのは伝わらないだろう。

夜のスウィンガー」が演奏されるのはVISITORS TOUR SPECIAL以来だろうか。歌詞の一部が日本語に置き換えらて生まれ変わった。もう一度、この楽曲を世に問うてみたいという思いが伝わってきて、僕も一所懸命に耳を傾けた。


■佐野元春and The Hobo King Band Billboard Live 'Smoke & Blue 2014'
2014年4月19日() ビルボードライブ大阪
2nd Stage(自由席整理番号21番)

佐野元春 and The Hobo King Band
佐野元春(Vocal, Guitar, Keyboards)
古田たかし(Drums)
Dr.kyOn(Keyboards, Guitar)
井上富雄(Bass)
笠原あやの(Cello)


Setlist
01 ヤァ ! ソウルボーイ
02 It's Alright
03 君が気高い孤独なら
04 月と専制君主
05 希望
06 月夜を往け
07 恋する男
08 レイナ
09 C'mon
10 すべてはうまくいかなくても
11 Rainbow In My Soul
12 食事とベッド
13 約束の橋
14 ドクター
15 夜のスウィンガー
16 ドライブ


2014年4月27日(日) ビルボードライブ東京

大阪の公演から一週間後に開催された東京公演。大阪も東京も毎月二日間の興行が行われて一日2公演の8ステージというスケージュールが組まれている。大阪では平日の公演の開演時間が早く1st Stageを観ることが叶わなかったが、東京は一日目の公演が日曜日に開催されたので1st Stageを観ることができた。

佐野元春のビルボードライブ公演をサポートするのはチェリストの笠原あやのを加えた特別編成のホーボーキングバンドだ。ホール・コンサートよりもフォーキーで、ブルージーな演奏に特化して、オーガニックなサウンドにアレンジされた楽曲は心と体にやさしく、上質な音楽が奏でられる。

1st Stageと
2nd Stageの構成はほぼ同じなのだが曲目が何曲か入れ替わっており、'90年代から2曲、'00年代から2曲の4曲が今回はじめて聴くことになった。「君がいなければ」はざらりとした質感で苦味を帯びた渋い味わいがあった。曲目の変更はステージの中盤で行われ、佐野元春がウーリッツァーを弾きながら歌う曲が増えた。「君と往く道」ではDr.kyOnのハモンド・オルガンに痺れた。

佐野元春の書いた理知的な言葉が僕の心の琴線に触れた瞬間があった。それは「荒地の何処かで」が歌われたときだ。最初、2007年の発表だから少し前の楽曲という印象を抱いたが、後半の部分がよかった。

"真実が醜い幻ならば / 僕らは何を信じればいいんだろう / この荒地の何処かで / 君の声が聞こえてる / しょぼくれたブルースは / 闇に預けて / この荒地の何処かで / 君をいつも探してる / この苛立ちは何だろう? / 途方に暮れている / ハレルヤ / ハレルヤ / この荒地の何処かで / この荒地の何処かで..."


この街の空気にマッチしてるような気がした。説得力があったと言い換えてもいいのかもしれない。佐野元春が提示した荒地というのは正に僕が今いるところなのだという実感があった。

■佐野元春and The Hobo King Band Billboard Live 'Smoke & B lue 2014'
2014年4月27日(日) ビルボードライブ東京
1st Stage(整理番号612番 26F)

佐野元春 and The Hobo King Band
佐野元春(Vocal, Guitar, Keyboards)
古田たかし(Drums)
Dr.kyOn(Keyboards, Guitar)
井上富雄(Bass)
笠原あやの(Cello)

Setlist
01 ヤァ ! ソウルボーイ
02 It's Alright
03 君が気高い孤独なら
04 月と専制君主
05 希望
06 君がいなければ
07 また明日...
08 レイナ
09 C'mon
10 君と往く道
11 荒地の何処かで
12 食事とベッド
13 約束の橋
14 ドクター
15 夜のスウィンガー
16 ドライブ


2014年5月9日(金) ビルボードライブ大阪

5月公演は友人のリクエストによってカジュアルエリアで観た。カジュアルエリアはステージからは少し離れるものの、中央の席が取れたので、身体の向きや椅子の向きを変えることなくステージの全景が見えた。ビルボードライブ大阪の舞台は奥行きがあまりなくて横に長いのでこれまでの公演では死角に入ると見えづらいところがあった。俯瞰で舞台の進行が感じられるので、前回までとはまた違う別の楽しみ方ができた。こういう機会でなければ、笠原あやののチェロもまともに聴けずにいただろう。

今回のビルボードライブ公演では「月夜を往け」がオリジナルよりもテンポを落として演奏される。チェロの優美な音色が曲に陰影をつけて、内省的な印象が強くなった。オルタナティブの文脈で再構成したといってもいい。

二部のセットリストを見てみると、様々なキャラクターが登場することに気が付く。「希望」や「恋する男」や「レイナ」の名前のない市井の男の日常も興味深いが、「C'mon」のノンシャランな態度でこぼれてゆく男もまたいい感じだ。この男はGRASSMAN(グラスマン)の系譜にいて、サブストリームの極致に存在している。誰もが心の中に彼と同じ思いを共有しているが、決して表立ってアピールすることのない思い。実にユニークな男だ。

それとは間逆だと思うのが「すべてはうまくいかなくても」と「Rainbow In My Soul」。並べることによって対比が生まれてる。ここでは"喪失"がテーマになっている。センチメンタルな気分を払拭するかのように「食事とベッド」という流れがあり、もう1曲追加されたのが「君と往く道」。通常のホール・コンサートでは盛り上がりに欠けるところがあり、まず取り上げられないのではないか。小さなクラブで行われたライヴでその親密な空気がこの曲の魅力を際立たせていた。

■佐野元春and The Hobo King Band Billboard Live 'Smoke & Blue 2014'
2014年5月9日(金) ビルボードライブ大阪
2nd Stage(カジュアルエリアD1-3番)

佐野元春 and The Hobo King Band
佐野元春(Vocal, Guitar, Keyboards)
古田たかし(Drums)
Dr.kyOn(Keyboards, Guitar)
井上富雄(Bass)
笠原あやの(Cello)


Setlist
01 ヤァ ! ソウルボーイ
02 It's Alright
03 君が気高い孤独なら
04 月と専制君主
05 希望
06 月夜を往け
07 恋する男
08 レイナ
09 C'mon
10 すべてはうまくいかなくても
11 Rainbow In My Soul
12 食事とベッド
13 君と往く道
14 約束の橋
15 ドクター
16 夜のスウィンガー
17 ドライブ


2014年6月13日(金) ビルボードライブ大阪

開演時間が早くて予約しなかったが、急遽、仕事の都合がついてもう一度、1st Stageが観られることになった。公演日の一週間前にビルボードライブ大阪に電話をしたら、運よくカジュアル・シートにキャンセルがあり、ステージを右斜めから観る席が取れた。

ただ都合がついたからと言って予約してなかった公演日に来たわけではない。1st Stageをどこかのタイミングでもう一回観ておきたいという思いがあった。「荒地の何処かで」を聴きたいというのが動機だった。今の自分にとって最もシンパシーを寄せることができるのがこの曲だと思っていた。

だけどその前に歌われた「君がいなければ」に個人的な思いが交差して心が揺れた。曲の導入部からずっと佐野元春はギターを刻む。そのカッティングはまるで佐野元春の言葉にならない思いのようで、そこから立ち上がる深遠な愛の世界思いを馳せた。

ライヴは大阪での「Smoke & Blue 2014」最終公演の一環として行われたが、何か特別なサプライズがあったわけではなく、外的な要因でセットリストが変わったということもない、いつもと同じ構成だった。いろいろな場所から、それぞれの思いを抱えて集った聴衆の波長がよい音楽的なスパイスを振りかけて、素晴らしいライヴが繰り広げられた。

■佐野元春and The Hobo King Band Billboard Live 'Smoke & Blue 2014'
2014年6月13日(金) ビルボードライブ大阪
1st Stage(カジュアル・エリア シート番号96番 A)

佐野元春 and The Hobo King Band
佐野元春(Vocal, Guitar, Keyboards)
古田たかし(Drums)
Dr.kyOn(Keyboards, Guitar)
井上富雄(Bass)
笠原あやの(Cello)

Setlist
01 ヤァ ! ソウルボーイ
02 It's Alright
03 君が気高い孤独なら
04 月と専制君主
05 希望
06 君がいなければ
07 また明日...
08 レイナ
09 C'mon
10 君と往く道
11 荒地の何処かで
12 食事とベッド
13 約束の橋
14 ドクター
15 夜のスウィンガー
16 ドライブ


2014年6月14日(土) ビルボードライブ大阪

大阪での「Smoke & Blue 2014」最終公演。「C'mon」の演奏前に曲順を危うく間違えそうになって、曲紹介をやり直すところで、この定例大阪公演もこの夜が最後だということに触れ、「少しあがって(緊張して)います」と佐野元春は話した。この発言に聴衆が反応して会場の雰囲気はグッとよくなった。

6月公演は5月公演と同じで「君と往く道」が追加されたセットリストだったが、「君と往く道」の曲順を入れ替えていた。何か特別な変化があったわけではなかったが、先ほどの佐野元春の発言が起爆装置となり、ステージと会場がひとつになって大いに盛り上がった。

「夜のスウィンガー」はオリジナルの印象が強くて、新たな日本語詞というか、英語を日本語に置き換えた部分が、僕には最後までしっくりと来なかった。悪くはないんだけれどもオリジナルの持ってるモメントが失われてる感じがして違うかなと思った。

レギュラーのツアーとは一線を画すクラブでの公演は回を重ねるごとにどんどん洗練されて行ったが、最終的にどこかの地点でその極みを捨てるのが佐野元春なのだろう。最後に誰もがステップを踏むような爆発が待っていた。全曲を演奏し終えた後も聴衆はまだ夜は長いとでもいうような期待で高まっていたが、佐野元春がそれを鎮めるように先ごろ決まった秋のツアーの話した。久しぶりにレギュラー・ツアーの中でフェスティバルホール公演が決定したのだ。そのことを佐野元春も聴衆も同じように喜んでいたのが印象的だった。

■佐野元春and The Hobo King Band Billboard Live 'Smoke & Blue 2014'
2014年6月14日(土) ビルボードライブ大阪
2nd Stage(メンバーズ・シート33番D)

佐野元春 and The Hobo King Band
佐野元春(Vocal, Guitar, Keyboards)
古田たかし(Drums)
Dr.kyOn(Keyboards, Guitar)
井上富雄(Bass)
笠原あやの(Cello)


Setlist
01 ヤァ ! ソウルボーイ
02 It's Alright
03 君が気高い孤独なら
04 月と専制君主
05 希望
06 月夜を往け
07 恋する男
08 レイナ
09 C'mon
10 君と往く道
11 すべてはうまくいかなくても
12 Rainbow In My Soul
13 食事とベッド
14 約束の橋
15 ドクター
16 夜のスウィンガー
17 ドライブ


|home|