original albums and more

video/dvd

rarities

live

book

podcasting

kp

column

the 20th anniversary year

 

Contents
・元春からのメッセージ
・ライブ! 2012
・ライブフォト
・motoTV(mofaのサイトにあるmotoTV集)
・元春カレンダー2012(佐野元春2012年の行事)

 
mofa '佐野元春 Year Almanac CD-ROM 2012'
MFROM 011
オリジナル・リリース 2013.1

佐野元春オフィシャル・ファンクラブmofaがファンクラブ会員のみに無料配布したCD-ROM。

「ライブ! 2012」には2012年3月28日にビルボードライブ東京で行われた'Smoke & Blue'から「約束の橋」の動画と、佐野元春 & 雪村いづみ「トーキョー・シック」レコーディング風景、「La Vita e Bella」プロモーションビデオ、2012 - 2013 WINTER TOUR「約束の橋」コンサート用プロモーション映像が収められている。

「ライブフォト」は「The Coyote Band 2012.4.26 Recording」と、「トーキョー・シック 2012.5.27 Recording Document」、「Motoharu Sano & The Hobo King Band 2012.5.10 ビルボードライブ東京 Billboard Live 'Smoke & Blue'」、「Motoharu Sano & The Coyote Band 2012.6.3 横浜BLITZ Early Summer Tour 2012」の写真が収められている。


Contents
・元春からのメッセージ
・ライブ! 2011
・ライブフォト
・motoTV(mofaのサイトにあるmotoTV集)
・元春カレンダー2011(佐野元春2011年の行事)

mofa '佐野元春 Year Almanac CD-ROM 2011'
MFROM 010
オリジナル・リリース 2011.12

佐野元春オフィシャル・ファンクラブmofaがファンクラブ会員のみに無料配布したCD-ROM。

「ライブ! 2011」には2010年12月14日に横浜BLITZで行われた30周年アニバーサリー・ツアー・パート2、全国クラブ・サーキット・ツアー『ソウルボーイへの伝言』から「Young Bloods」の動画と、2011年1月30日に愛知県芸術劇場大ホールで行われた30周年アニバーサリー・ツアー・パート3、全国大都市ツアー『ALL FLOWERS IN TIME』から「SOMEDAY」と「アンジェリーナ」の動画、そして『ALL FLOWERS IN TIME』の東京ファイナル、東京国際フォーラム・ホールAのドキュメント動画(2011年6月18日)が収められている。

「ライブフォト」は1月30日に愛知県芸術劇場大ホールで行われた30周年アニバーサリー・ツアー・パート3、全国大都市ツアー『ALL FLOWERS IN TIME』、3月6日に大阪城ホールで行われた『ALL FLOWERS IN TIME 大阪』、6月19日に東京国際フォーラム・ホールAで行われた『ALL FLOWERS IN TIME 東京』の写真が収められている。


ON・アソシエイツ CM WORKS 夢一夜(2011)

ワンダーランド

ワンダーランド
CDSOL-1406
オリジナル・リリース 2011.3.16

『ON・アソシエイツ CM WORKS 夢一夜』はCM音楽製作会社、ON・アソシエイツ音楽出版の大森昭男が選曲したコマーシャル・ソングの編集盤『ON・アソシエイツ CM WORKS』の第二集。このアルバムに佐野元春がSONY WALKMANのコマーシャル・ソングとして書き下ろした「ワンダーランド」が収録されている。

クレジットによるとこの曲は佐野元春の作詞・作曲・編曲で1981年10月9日に録音され、ミックスは飯泉俊之と吉野金次により行われたことが記されている。コマーシャルのフィルム・ディレクターは川崎徹だったそうだ。アルバムのブックレットには大森昭男が製作日誌から追想した「つながる想い 製作日誌より」という文章が掲載されており、全35曲中9曲のみ、当時の製作現場での思い出が綴られている。「ワンダーランド」はその中に含まれていて、佐野元春が打ち合わせ日に合わせて、数日でデモを仕上げたと記されている。

ビートルズを意識したポップロック作品。間奏のギター・ソロやコーラスなんかはもろにそう。佐野元春の全作品中、唯一英語詩で歌われた楽曲。1982年にシングル「シュガータイム」のカップリングとしてリリースされたが、佐野元春自身は取るに足らない作品だと思っていたらしく、『SOMEDAY Collector's Edition』(2002年)に収録されるまでアルバムに収められることなく、CD化もされてなかった。

ON・アソシエイツ CM WORKS 夢一夜』を購入する。


Contents
・元春からのメッセージ
・ライブ! 2010
・ライブフォト
・motoTV(mofaのサイトにあるmotoTV集)
・元春カレンダー2010(佐野元春2010年の行事)

mofa '佐野元春 Year Almanac CD-ROM 2010'
MFROM 009
オリジナル・リリース 2010.12

佐野元春オフィシャル・ファンクラブmofaがファンクラブ会員のみに無料配布したCD-ROM。

「ライブ! 2010」には8月14日にMT.RAINER HALLで行われたスポークンワーズ・セッション『in motion 2010 - 僕が旅に出る理由』から「ポップチルドレン」と「僕が旅に出る理由」と「国籍不明のNeo-Beatniksに捧ぐ」の動画と、3月18日に東京・恵比寿のLIQUED ROOMで行われた『アンジェリーナの日』からトークショーの動画が収められている。

「ライブフォト」は3月18日に東京・恵比寿のLIQUED ROOMで行われた『アンジェリーナの日』からALTERVATIVE 80's EXHBITION、30周年アニバーサリー前夜祭『アンジェリーナの日』、8月14日にMT.RAINER HALLで行われた30周年アニバーサリー・ツアー Part.1 スポークンワーズ・セッション『in motion 2010 - 僕が旅に出る理由』、10月22日にBillboard Live TOKYOで行われた30周年アニバーサリー・プレミアム・ライブ、30周年アニバーサリー・ツアー Part.2 全国クラブ・サーキット・ツアー『ソウルボーイへの伝言』の写真が収められている。


世界のアロハ・ブラザーズ(2010)

Episode 3

Episode 3
UPCH-20190
オリジナル・リリース 2010.4.28
チャート最高位272位

杉真理と村田和人のデュオ・ユニット、アロハ・ブラザースの初アルバム『世界のアロハ・ブラザース』に収録された曲間(トラック12)のコント「Episode 3」に佐野元春がゲスト参加している。コントは杉真理が書いている。

アルバムのコンセプトは音楽による世界一周。曲間のコントは飛行機内で提供される娯楽放送として挿入されている。杉真理扮するヤマイダレ教授のポップス講座という設定。ヤマイダレ教授というキャラクターはかつて杉真理がレギュラーで担当していたラジオ番組の人気コーナーから誕生したという話だ。杉真理がCDでコントを披露するのはこれがはじめてだという。コントで佐野元春は特になに者かを演じているわけではなく、佐野元春のまま出てくるのだが、それが笑いに直結している。ちょうどファンの間で佐野元春のモノマネをして、いかにも佐野元春が言いそうなことを言うと可笑しいのと同じだ。杉真理は笑いのセンスが優れているのだと思う。

世界のアロハ・ブラザース』を購入する。


Shipahead(2010)

ペドロ〜消防士と潜水夫 feat. 佐野元春

ペドロ〜消防士と潜水夫 feat. 佐野元春
RZCD-4636/B
オリジナル・リリース 2010.2.3
チャート最高位46位

プロデューサー冨田恵一のセルフ・プロジェクト「冨田ラボ」の通算3枚目となるアルバム『Shipahead』に収録されている「ペドロ〜消防士と潜水夫 feat. 佐野元春」に佐野元春がヴォーカリストとして参加している。作詞はムーンライダーズの鈴木慶一、作曲編曲は冨田恵一。

冨田恵一によると「ロック的アイコンで奏でられた中南米音楽」なんだそうだ。鈴木慶一特有の心理描写が見事な詩と、冨田ラボのポップ・センスに彩られて、独特の世界観を作り出している。

ペドロ〜消防士と潜水夫 feat. 佐野元春
Produced by 冨田恵一 at TOMITA LAB STUDIO
Recorded by 松田龍太, 冨田恵一
vocal recorded by 大井洋輔
Instruments,Treatments : 冨田恵一
Vocals : 佐野元春
Strings : 金原千恵子ストリングス
Horn : 藤田乙比古, 勝俣泰, 堂山敦史

アルバム『Shipahead』の初回限定盤のみDVDが付いていて「ペドロ〜消防士と潜水夫 feat. 佐野元春」のミュージック・ビデオが収録されている。佐野元春は後半に少しだけ出演している。

DVD
ペドロ〜消防士と潜水夫 feat. 佐野元春[MUSIC VIDEO]
Directed by easeback
Produced by Takehiro Ikuta(ROCK&ROLL JAPAN)

Shipahead』初回限定盤(CD+DVD)を購入する。
iTunes Storeで「ペドロ〜消防士と潜水夫〜 feat. 佐野元春」を購入する。

iTunes Storeでミュージックビデオ「ペドロ〜消防士と潜水夫〜 feat. 佐野元春」を購入する。


Contents
・元春からのメッセージ
・ライブ! 2009
・ライブフォト
・motoTV(mofaのサイトにあるmotoTV集)
・元春カレンダー2009(佐野元春2009年の行事)

mofa '佐野元春 Year Almanac CD-ROM 2009'
MFROM 007
オリジナル・リリース 2009.12

佐野元春オフィシャル・ファンクラブmofaがファンクラブ会員のみに無料配布したCD-ROM。

「ライブ! 2009」には全国ライブハウス・ツアー「COYOTE」から「US」と「ラジオ・デイズ」と「裸の瞳」のダイジェストが収められている。

「ライブフォト」は全国ライブハウス・ツアー「COYOTE」から「COYOTE Live Photo」20枚、「Back Stage Photo」15枚の写真が収められている。

「motoTV」には「motoTV -Jun」と「motoTV -Dec」が収録されていると記載されているが、これはそれぞれ「motoTV -Mar」と「motoTV -Jul」の誤植。特典映像としてinterview -1-「アルバム『TIME OUT!』について」と、interview -2-「HKB結成〜『THE BARN』誕生」と、interview -3-「『Stones And Eggs』のソングライティング」が収められている。

「元春カレンダー2009」には10月17日にフジテレビ系の[僕らの音楽 佐野元春×織田裕二]に出演したと記載されているが、これは昨年放送されたもので誤植。


Original Album Remastered(2009)

MOTOHARU SANO
1990 - 1999
ORIGINAL ALBUM
REMASTERED

MOTOHARU SANO 1990 - 1999 ORIGINAL ALBUM REMASTERED
オリジナル・リリース 2009.12.21

佐野元春が1990年から1999年にかけてリリースした6枚のオリジナル・アルバム、『TIME OUT!』、『sweet 16』、『THE CIRCLE』、『FRUITS』、『THE BARN』、『Stones and Eggs』がデビュー30周年を記念してリイシューされることになり、それに先駆けてMWSストアとソニー・ミュージックダイレクトの共同企画として限定販売したのがこのBOXセット「MOTOHARU SANO 1990 - 1999 ORIGINAL ALBUM REMASTERED」。原音を忠実に再現した最新のデジタル・リマスタリングを施し、オリジナル・アルバム6枚を当時の曲順のまま収録。ディスクは高音質CDとして評価されているBlu-Spec方式を採用している。見開きタイプの紙ダブル・ジャケット仕様で、アルバム・ブックレットをひとつに纏め、新たにテキストを加えた160ページのブックレットが収められている。価格は15,000円(税込)。オンラインでの予約販売のみの受付で完全生産限定盤。

佐野元春はよくアルバム3枚を一括りにするが、特に'80年代の『BACK TO THE STREET』、『Heart Beat』、『SOMEDAY』の3枚は初期三部作としてまとめて語られることが多い。'90年代の3枚『TIME OUT!』、『sweet 16』、『THE CIRCLE』もまた三部作といえるのかもしれない。『TIME OUT!』の最後の曲「空よりも高く」は次のアルバム『sweet16』の冒頭の雷の音へと連なり、『sweet 16』と『THE CIRCLE』は太陽と月のようにペアで語られている。何よりもザ・ハートランドの絶頂期がこの3枚に収められているということが結びつける最大の理由だといっていい。

ハートランド解散後に製作した『FRUITS』は'90年代のマスターピースとして今聴いても燦然と輝きを放っていて素晴らしい。発売当時は「レイドバックした佐野元春なんて聴きたくない」と一部で批判された『THE BARN』。僕も第一印象はあまりよくなかったが、時の試練に耐えて、全く古臭さを感じない。あの頃よりも一層深みが出ているように思う。

1999年作の『Stones and Eggs』はまだ生々しさが残っている感じがする。ホーボーキングバンドの演奏をフィーチャーした曲、「エンジェル・フライ」などまたライヴで聴きたいと思った。

佐野元春 1990 - 1999 ORIGINAL ALBUM REMASTERED



Better Days(2009年)

Better Days

Better Days
DDCO-4001
オリジナル・リリース 2009.4.8
チャート最高位216位

深沼元昭のソロ・プロジェクト「Mellowhead」の4枚目のアルバム『Daydream weaver』に収録されている「Better days」に佐野元春がゲスト・ヴォーカルで参加している。作詞作曲は深沼元昭で、2005年3月2日リリースの「エンプティ・ハンズ」に続く作品。

Mellowheadはこれまで宅録ソロ・プロジェクトだったが、今作はドラムにNONA REEVESの小松シゲル、ベースにTRICERATOPSの林幸治が加わりバンド・サウンドになった。「Better days」は疾走感溢れるギター・ロック。"〜構わないぜ"といった佐野元春イディオムの言葉に頬が緩む。

Daydream weaver』を購入する。
iTunes Storeで「Better days」を購入する。


Connected(2009年)

ふたりの理由、その後

Connected
VICL-63267
オリジナル・リリース 2009.3.18
チャート最高位189位

小坂忠のアルバム『Connected』に佐野元春は「ふたりの理由、その後」を提供している。小坂忠からのオファーに応えて、1989年のアルバム『ナポレオンフィッシュと泳ぐ日』に収録した「ふたりの理由」に新たなメロディと詞を添える形で書き下ろしたのだとか。

アルバム『ナポレオンフィッシュと泳ぐ日』のラストを飾った「ふたりの理由」。あれから20年という時を経てその続編が作られたと思うと感慨深い。プロデューサーに佐橋佳幸を迎え、高橋幸宏、小原礼、Dr.kyOnのバンドで録音。新たに書き下ろされた詞は愛する者への想いに溢れている。「ふたりの理由」は慈悲深い大きな愛に包まれるようなスケールの大きな曲となった。Dr.kyOnの奏でるアコーディオンが胸を揺さぶる。

Connected』を購入する。

iTunes Storeで「ふたりの理由、その後」を購入する。


mofa '佐野元春 Year Almanac CD-ROM 2008'

Contents
・元春からのメッセージ
・ライブ! 2008
・ライブフォト
・motoTV(mofaのサイトにあるmotoTV集)
・元春カレンダー2008(佐野元春2008年の行事)

mofa '佐野元春 Year Almanac CD-ROM 2008'
MFROM 006
オリジナル・リリース 2008.12

佐野元春オフィシャル・ファンクラブmofaがファンクラブ会員のみに無料配布したCD-ROM。

「ライブ! 2008」には[Tour 2008 'Sweet Soul Blue Beat']と[佐野元春プレミアム・ナイト](3月15日)の映像が収録されている。'Sweet Soul Blue Beat'はNHKホール公演(3月29日)からダイジェスト映像と、大阪フェスティバルホール公演(3月9日)から終演後の記念撮影の模様が収められている。コットン・クラブの[佐野元春プレミアム・ナイト]からは「レイナ」と「希望」と「情けない週末」が収められている。

「ライブフォト」は[Tour 2008 'Sweet Soul Blue Beat']NHKホール公演(3月29日)から27枚、コットン・クラブの[佐野元春プレミアム・ナイト](3月15日)から20枚、[杉真理デビュー30周年記念ライブ](5月23日 Shibuya O-EAST)から1枚、[僕らの音楽 佐野元春×織田裕二](10月17日 フジテレビ)から1枚の写真が収められている。


LIFE-SIZE KAZUMASA ODA 2007(2008)

「クリスマスの約束2007」

LIFE-SIZE KAZUMASA ODA 2007
FXDV-1024
オリジナル・リリース 2008.1

小田和正の年間の活動を記録したDVDシリーズ『LIFE-SIZE』の2007年版。この作品はインフォメーション・プレス「FAR EAST CAFE PRESS」のPRESS会員限定で販売されている。

2007年のクリスマスにTBS系列で放映した「クリスマスの約束 2007」から佐野元春との共演シーンが抜粋で収録されている。このほかに番組収録直後、小田和正が佐野元春の楽屋を訪ねるシーンや、出演者、スタッフ全員との記念写真撮影場面、出演者記念写真に佐野元春の姿が収められている。

・FAR EAST CAFE
http://www.fareastcafe.co.jp/cafe/


01 じぶんの詩
(moto vocal version)


じぶんの詩(moto vocal version)
オリジナル・リリース 2008.1.22

2008年1月22日、TOUR 2008"Sweet Soul, Blue Beat"のスタートに合わせてDaisyMusicのモバイル・サイト「DaisyMusic Mobile」がユニバーサルミュージックの公式メニューとしてオープンした。

コンテンツはインフォメーションの「佐野元春最新ニュース」、ヤング・ジェネレーション向けのガイドとなる「はじめての佐野元春」、そして佐野元春キャリア初となる「着うた」など。

「着うた」では「じぶんの詩」が3ヴァージョン販売されている。イントロ部分だけの「じぶんの詩イントロ」(105円)、歌いだし部分だけの「じぶんの詩(moto vocal version)うたい出し」(105円)、iTunes Store『COYOTE』予約購入特典だけの発表だった「じぶんの詩(moto vocal version)」のフルサイズ(315円)。その他にアルバム『THE SUN』から「恋しいわが家」、「恵みの雨」、「希望」、「最後の1ピース」もそれぞれ「着うた」として105円で販売されている。

・モバイル・サイト「DaisyMusic Mobile」
http://www.universal-music.co.jp/redirect/motoharu_sano/


佐野元春 Rarities

|home|