HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
佐野元春 and The Hobo King Band
Billboard Live 'Smoke & Blue 2015'

2015年4月24日(金) ビルボードライブ大阪

2012年のビルボードライブ公演2014年の「Billboard Live 'Smoke & Blue 2014'」に続いて、ビルボードライブで行われた3ヵ月連続公演の大阪公演を4月24日に聴きに行った。この'Smoke & Blue'は佐野元春がチェロ奏者の笠原あやのを加えた特別編成のホーボーキングバンドで、アコースティックな演奏を披露するという試みがなされている。通常のホール・ツアーで定番となってる楽曲は演奏されず、今も古さを感じさせない時代の空気を震わせる響きを持った楽曲が選曲される。そして今年は佐野元春のデビュー35周年に当たるのでその記念の第一弾公演として行われた。

今後、コヨーテバンドとのツアーが控えているからだろうか、今年はハートランド、ホーボキングバンド時代のレパートリーだけでセットリストが組まれていた。佐野元春はシンガー・ソングライターとしての面をクローズアップするというテーマに沿って古い楽曲の掘り起こしを行う。時間を越えて純粋に音楽として通用するのかを問う。2014年の『トーキョー・シック』にはじまり、2010年のセルフ・カバー・アルバム『月と専制君主』に選曲された楽曲と、その洗い出しは時に時間の中で埋没していたものを見つけ出す。1993年のアルバム『THE CIRCLE』に収録されていた「Angel」。古くからのファンの中では人気のある楽曲ではないだろうか。通常のライヴ・ツアーではほとんど演奏されてこなかったので、懐かしいという思いと、この曲のよさがわかるのは自分だけじゃないだろうかという独特の優越感にしばし浸れた。

今回のビルボードライブ定例ライヴでは新曲の披露があった。「仕事帰りのおんなたち」というタイトルで東京に暮らすワーキング・ウーマンにターゲットした楽曲だ。最近の佐野元春は新曲をライヴで演奏して、よいフィードバックが得られたならレコーディングを行うという方法を取り入れてる。「仕事帰りのおんなたち」もまだ録音されておらず、歌詞に問題があればメールを送ってほしいと話していた。そう、歌詞が少し弱いんじゃないのかな、そんな感じがした。婦人雑誌の連載で恋愛相談をしていたのなら、もう少しリアルな女性像が浮かび上がってきてもいいはずだと思った。

「Come Shining」は昨年のアルバム『VISITORS』30周年を受けての前線復帰。アルバム『THE SUN』からの「観覧車の夜」も10年ぶりくらいかもしれない。「レインガール」は前述した『月と専制君主』でのアレンジを採用してワルツ・ヴァージョン。「夜のスウィンガー」は前回と同じく歌詞に今の気持ちが込められていた。若い頃のような勢いはなく、枯れた味わいが増して、今の佐野元春の姿を投影している。このライヴは次のマンスリーに続く。

■佐野元春and The Hobo King Band Billboard Live 'Smoke & Blue 2015'
2015年4月24日(金) ビルボードライブ大阪
1st Stage(入場番号56番)

佐野元春 and The Hobo King Band
佐野元春(Vocal, Guitar, Keyboards)
古田たかし(Drums)
Dr.kyOn(Keyboards, Guitar
)
井上富雄(Bass)
笠原あやの(Cello)

Setlist
01 トーキョー・シック
02 こんな素敵な日には
03 夏草の誘い
04 ジャスミンガール
05 Angel
06 マナサス
07 クエスチョンズ
08 仕事帰りのおんなたち
09 Come Shining
10 観覧車の夜
11 レインガール
12 Doctor
13 夜のスウィンガー
14 Happy Man

■佐野元春and The Hobo King Band Billboard Live 'Smoke & Blue 2015'
2015年4月24日(金) ビルボードライブ大阪
2nd Stage(入場番号35番)

Setlist
01 トーキョー・シック
02 こんな素敵な日には
03 夏草の誘い
04 Angel
05 マナサス
06 7日じゃたりない
07 クエスチョンズ
08 仕事帰りのおんなたち
09 Come Shining
10 観覧車の夜
11 約束の橋
12 Doctor
13 夜のスウィンガー
14 Happy Man


2015年5月14日(木) ビルボードライブ大阪

ビルボードライブ大阪5月公演二日目。ビルボードライブでのマンスリー・ライヴも今回で三度目。東京・大阪で二日ずつ一日二公演、4月公演だけで八公演、5月公演も大阪ですでに三公演を終えて、僕が観たのは十二公演目。バンドの状態もよく、オーディエンスも心得たもので初っ端から大きな盛り上がりがあった。よい演奏に喝采の拍手、ステージは演奏者だけでは成り立つものではなく、聴衆の反応によって生きもするし死にもする。そういうことがよくわかるライヴであった。

序盤に曲の変更があった。「月と専制君主」が今回からセットリストに加わった。佐野元春はこの曲について'80年代のアルバム『Cafe Bohemia』に収録されてると簡単な紹介をした。何か社会的なあるいは政治的なコミットメントがあったわけではないが僕はある種の思いを抱いて「月と専制君主」を聴いた。それはやわらかな抗議ではなかったのか。日本の安保法案が閣議決定したのは正にこの日であった。Dr.kyOnがウーリッツァーを弾く姿と共に強く印象に残る場面だった。

昨年、秋のコヨーテバンドとのツアーから佐野元春のMCが増えた。曲目紹介を丁寧にしていて、その傾向は今回のビルボードライブ公演でも引き継がれている。ホーボーキングバンドは結成が1995年という話。なので今年で20年目を迎えたそうだ。彼らとレコーディングしたアルバム『The Barn』に言及して、アメリカのウッドストックで行われたこと、プロデューサーはジョン・サイモンだということ、ここでしばし佐野元春は考えて隣の井上富雄にどんなアルバムなのか尋ねた。井上富雄は咄嗟なことだったので「ジョン・サイモンのプロデュース」と佐野元春と同じことを言ってしまったのがおかしかった。次の曲の段取りを考えていたらしい。そんなときに客席からアルバム『The Barn』のアナログ盤がそっと差し出された。「よく持ってたね」と驚く佐野元春。フロントカバーをながめてから客席に向けて大きく掲げて見せた。

そのアルバム『The Barn』に収録された「マナサス」ではDr.kyOnがハモンド・オルガンと、間奏でエレクトリック・ギターのソロ演奏を行った。メンバー紹介のときに佐野元春は「今、この時代にDr.kyOnの演奏を生で聴いたり見たりすることはとても幸運なことだと思います」というふうなことを言って大きな喝采を浴びていた。

■佐野元春and The Hobo King Band Billboard Live 'Smoke & Blue 2015'
2015年5月14日(木) ビルボードライブ大阪
2nd Stage(入場番号14番)

佐野元春 and The Hobo King Band
佐野元春(Vocal, Guitar, Keyboards)
古田たかし(Drums)
Dr.kyOn(Keyboards, Guitar)
井上富雄(Bass)
笠原あやの(Cello)

Setlist
01 トーキョー・シック
02 こんな素敵な日には
03 夏草の誘い
04 月と専制君主
05 AngelBR> 06 マナサス
07 クエスチョンズ
08 仕事帰りのおんなたち
09 Come Shining
10 観覧車の夜
11 約束の橋
12 Doctor
13 夜のスウィンガー
14 Happy Man


2015年6月18日(木) ビルボードライブ大阪

ビルボードライブ大阪に3ヶ月に渡って行われたマンスリー・ライブもこの日が最終日。前月より2曲増え制限時間一杯の一時間半を越えるパフォーマンスが繰り広げられて大変な盛り上がりとなった。

ビルボードライブの自由席は入場番号順に案内されて、番号が早ければ比較的希望のテーブルに付くことができる。6月公演ではDr.kyOnの演奏を楽しまなければという思いで彼を目前で観られるようホールの係りに伝えた。そう僕は佐野元春が「今、この時代にDr.kyOnの演奏を生で聴いたり見たりすることはとても幸運なことだと思います」と言うように幸運を享受したかったのだ。

今回のビルボードライブ公演のために書き下ろされた新曲の「仕事帰りのおんなたち」。佐野元春は東京の街をスケッチして働く女性の日常を歌にした。彼女たちは週末のパーティに目移りしたり、高価なバッグとその税金にため息ついたり、未婚の女はいい男がいないと嘆いてるし、誰とでもうまく付き合って無駄なことを何でも知ってると描写した。言ってみれば「スーパー・ナチュラル・ウーマン」のような女性賛歌なのかもしれないし、あるいは安部政権が進める女性の社会進出に呼応したものかもしれない。何度も聴くうちにとてもいいフィーリングの曲だと思うようになった。

6月のビルボードライブの公演で「仕事帰りのおんなたち」に続いて「レイナ」が歌われた。それが有機的に機能したのは共通するテーマがあったからだろう。女性だけではうまくいかないし男性ばかりでも世の中は成り立たない。この後、「レイン・ガール」、「夜のスウィンガー」と続く中で、脈々と息づくそのテーマ性を感じて、いわゆる佐野元春サーガの物語の継続を意識するようになった。

■佐野元春and The Hobo King Band Billboard Live 'Smoke & Blue 2015'
2015年6月18日(木) ビルボードライブ大阪
2nd Stage(入場番号26番)

佐野元春 and The Hobo King Band
佐野元春(Vocal, Guitar, Keyboards)
古田たかし(Drums)
Dr.kyOn(Keyboards, Guitar)
井上富雄(Bass)
笠原あやの(Cello)

Setlist
01 トーキョー・シック
02 こんな素敵な日には
03 夏草の誘い
04 月と専制君主
05 Angel
06 マナサス
07 クエスチョンズ
08 仕事帰りのおんなたち
09 レイナ
10 Come Shining
11 観覧車の夜
12 レイン・ガール
13 約束の橋
14 Doctor
15 夜のスウィンガー
16 Happy Man


2015年6月21日(日) ビルボードライブ東京

今年、佐野元春はデビュー35周年を迎えた。35周年記念の活動ははじまったばかりで、ビルボードライブのマンスリー・ライヴはその第一弾として行われた。東京公演初日には雪村いづみが観に来ていて、2012年に共演した「トーキョー・シック」に触れて紹介があった。

3ヶ月連続のマンスリー・ライヴも最後の東京公演になると演奏も曲間のMCもこなれてきて、ひじょうに丁寧な曲紹介が行われた。大抵はその曲が収録されているアルバムのタイトルと発売時期、ソングライティングしたときの情景が語られた。例えば「約束の橋」では1989年にシングルでリリースしたときはチャート20位くらいだったのに、1992年にドラマのテーマ・ソングになってリイシューしたらチャートの上位、そのことを苦々しく思ってるものの曲のよさは何も変わらず今でも大事な曲だと話した。

35周年という節目に原点に戻ってデビュー・アルバムの1曲目に入ってる「夜のスウィンガー」を現在のアレンジで歌いたい、佐野元春はまたそんなふうにもオーディエンスに語りかけた。レコーディングについて何もわからず無我夢中で曲を書いたが、今の自分では表現できない思いがそこにいっぱい詰まってるのだと。

"だまされてもまだ自由でいたいだけ / 心はいつでもヘビーだけど / 顔ではだいじょうぶ だいじょうぶ"
"こんな夜 / こんな夜にはもう / 家には帰れない / こんな夜 / こんな夜にはもう / ひとりじゃいられない"

オリジナルのアレンジとは全然違って歌詞も変わったけれど、何も変わらないものもそこにはあった。自分の居場所を探してるうちに帰るべき場所をなくしてしまった。もうオレはここにはいられないしひとりじゃいられないのだという意識。メンバー紹介が後半に挿入されて井上富雄はビートルズの「Come Together」のイントロを弾く。佐野元春は6月公演ではじめて"Come together"と歌った。最後の曲「Happy Man」が"Dream together"というフレーズで締めくくられたときにその符丁のようなものに触れてうれしさがこみ上げてきた。

■佐野元春and The Hobo King Band Billboard Live 'Smoke & Blue 2015'
2015年6月21日(日) ビルボードライブ東京
1st Stage(入場番号12番)

佐野元春 and The Hobo King Band
佐野元春(Vocal, Guitar, Keyboards)
古田たかし(Drums)
Dr.kyOn(Keyboards, Guitar)
井上富雄(Bass)
笠原あやの(Cello)

Setlist
01 トーキョー・シック
02 こんな素敵な日には
03 夏草の誘い
04 月と専制君主
05 Angel
06 マナサス
07 クエスチョンズ
08 仕事帰りのおんなたち
09 Come Shining
10 観覧車の夜
11 約束の橋
12 Doctor
13 夜のスウィンガー
14 Happy Man

|home|